インプラント|祐天寺で歯科をお探しの方は祐天寺えいしん歯科まで

時間
10:00〜13:30
15:30〜20:00
☆15:30~19:00 ★14:30~18:00
休診日:火曜・祝日

〒153-0052 東京都目黒区祐天寺2-20-9三橋ビル1階

  • 電話
  • メニュー

インプラントとはどんな治療?

当院では、歯を失った患者様の最終手段として、インプラント治療も行っています。
インプラントは金属の歯根を埋めて、その上に人工歯を被せる治療法です。
インプラントを行うと、日常生活で違和感なく、自分の歯と同じように食事や会
話を楽しむことができますよ。

当院のインプラント治療の特徴について

イメージ画像

アストラテックインプラントを採用

当院では、世界有数のメーカーであるアストラテック社のインプラントを採用しています。インプラントはただ埋め込めばいいというものではなく、自分の骨としっかり結合する必要があります。アストラテックインプラントは、骨生理学に基づいた質と形状で、患者様の顎の骨にもよりなじみやすい設計となっております。

歯科用CTでの撮影サービス

インプラント治療をする前には、歯の深さや向き、骨の密度など綿密な検査・診断を行うことが重要です。当院では、患者様の口元を立体的に捉えることができる、最新のCT機器を完備しており、無料で撮影することができます。

インプラントと他の治療方法との違いは?

虫歯や歯周病、あるいは事故などで歯を失ってしまった場合、いくつかの治療法があります。

イメージ画像

ブリッジ

失われた歯の両側の歯を削り、そこを土台にして橋を渡すように被せる治療法です。
天然の歯と同じように食べ物の固さを感じられるという反面、健康な歯を削らなければいけないというデメリットがあります。また、ブリッジの下にプラーク(歯垢)がたまりやすくなります。

イメージ画像

部分入れ歯

歯を失った箇所の前後の歯にバネをかけて装着する入れ歯です。部分入れ歯では、失った歯の本数にかかわらず装着することができ、健康な歯を削るのも少量です。取り外しができるのでお手入れは簡単ですが、かむ力が弱くなり、慣れるまでに時間がかかるというデメリットもあります。

イメージ画像

インプラント

歯を失った部分に人工の歯根(インプラント)を埋め込むので、健康な周りの歯を削ることはありません。
インプラントでは、手術が必要なため治療期間が長くなりますが、天然の歯とほとんど同じように、食事や会話を楽しむことができます。

インプラントはこんな方におすすめ

イメージ画像

健康な歯を傷つけたくない方

天然の歯と同じようなかみ心地を追求したい方

インプラントは、ほかの治療方法と比べて費用と時間もかかりますが、その分満足感も大きい治療方法です。

インプラント治療の流れ

  1. 1検査と治療計画

    イメージ画像

    失った歯の本数や、インプラントを埋め込む顎の骨の位置や強さなどによって治療方法が変わります。当院では、精密な検査・診断を行い、カウンセリングにて治療計画を立てていきます。

  2. 2インプラント手術の前処置

    イメージ画像

    手術を行う前に、虫歯や歯周病がある場合は、まずはそこから治療します。また、インプラントを埋め込む顎の骨量が十分でない場合、骨量を増やす手術を行います。

  3. 3一次手術

    イメージ画像

    患者様に麻酔をかけた状態で、歯茎を切開して骨に穴を開け、インプラントを埋め込みます。

  4. 4治癒期間

    イメージ画像

    インプラントに使用されているチタンには、骨と結合する性質があります。そのため個人差はありますが、3〜6ヶ月ほど期間を空けて、インプラントが安定するのを待ちます。

  5. 5二次手術

    イメージ画像

    インプラントが安定したのを確認したのち、インプラントの頭の部分を切開して露出させます。そして人工の歯を取り付けるためのアバットメントと言われる土台を取り付けます。 歯ぐきの状態が戻るまで、さらに1〜6週間ほど期間をあけます。

  6. 6人工歯の製作と装着

    イメージ画像

    歯茎が回復したら、歯の型取りを行います。装着用の人工歯は種類が豊富にあるため、歯科医師と相談しながら決定します。その後、出来上がった人工歯をインプラントに装着します。

  7. 7メンテナンス

    イメージ画像

    インプラントは治療が終わったらそこで終わりではありません。メンテナンスが必要です。初めは短い期間でインプラントの状態を見ていき、経過がよければ徐々にメンテナンス期間を延ばしていきます。

メンテナンスについて

イメージ画像

せっかく装着したインプラントは、長く使っていきたいですよね。
インプラント治療した後も歯周病が起こる場合があります。歯茎に起こった炎症を放置すれば、最悪の場合インプラントを抜くことになるケースも。特に初期の歯周病は自分では気づきにくいため、定期的なメンテナンスに通いましょう。

■ 当院でのメンテナンス

  • 口腔内の状態をチェックします
  • レントゲン撮影を行って骨に問題ないかを確認した後、かみ合わせのチェックを行います
  • クリーニングで汚れを落とします
  • 患者様にあった歯磨き方法の指導を行います

当院では患者様とよく相談をした上で、1番良い治療法をご提案します。
丁寧なカウンセリングをしてから治療を進めてまいりますので、気になる点があればどうぞお気軽にご相談ください。

ページトップへ